今日は、天候も回復して、晴れましたが、風が冷たく、外で仕事をしていると、寒い一日でした。
そんな中、WBCで、侍JAPANが、延長の末、見事韓国チームを下し2連覇。!!
やっぱり、日本人が世界で活躍すると、うれしくなりますね。

タイトルの、富山で一番高い所なんですが、皆さんも御存知のとおり、雄山山頂ではなく、もちろん、大汝で3015m!!

昨年の、11月11日に、室道警備派出所に、お借りしていた物を返しに行って、ついでに登れればと思い雄山山頂まで行ってきました。雪は、まあまあ有りましたが、天候もさほど悪くなく、もちろんスノーシュー等も必要無い位の積雪で、一ノ越までは、夏道通りだったり、雪の斜面をショートカットしたりして登り、一ノ越には、5~6人位登って居ました。僕が、頂上を目指して、上り始めた少し後から、1人登って来たものですから、頂上でご一緒出来ると思いながら登りました。一ノ越から上は、歩いた後が、ほとんど無く、雪もそこそこあった為、アイゼンを架けようかと思いましたが、結構岩も顔を出して居たのと、雪が柔らかかったので、付けずに登ることにしました。
a0119132_17492019.jpg

一ノ越から見た、槍ヶ岳方面。
a0119132_17521534.jpg

三ノ越から見た、奥大日岳方面。
三ノ越までは、結構斜度もきつく、ステップを切りながら登った箇所もありましたが、何とか、三ノ越到着。
そして、最後の、急斜面を、何とかクリアーして、山頂へ着きました。
a0119132_17555380.jpg

セルフで、1枚。
昼ごはんの、カップ麺用のお湯を、沸かしながら、補修した頂上へ。
a0119132_17594717.jpg

セルフで、2枚目。
a0119132_1813056.jpg

その日の、剱岳。
a0119132_1821331.jpg

後立山の峰嶺。
a0119132_1822031.jpg

ななぁ~んと!!富士山!!!!
こんな時期に、頂上まで来れたのと、富士山が見れたので、ちょっと感激でした。頂上でお参りをして、景色を眺め早めのお昼ご飯を。しばらくしても、後から登ってきた人は現れず、なごりを惜しみながら下山開始、帰りも、アイゼンが頭によぎりましたが、一昨年、同じ時期にアイゼンをかけて、雄山から下山途中で、石に、アイゼンが引っかかり危うく転倒しそうになったので、付けずに下山することにしましたが、無事、一ノ越まで着き、そのまま室堂まで帰って来れました。

ここ、2シーズン連続で11月に、雄山山頂に立ちました。これから、毎年の行事にしようかなって思ってしまいました。
今年は、誰か御一緒しませんか・・・・・!!!
[PR]
# by tateyamasanzoku | 2009-03-24 18:20 | 大好きなこと | Comments(0)