空・・・から

 以前、高所恐怖症の僕がヘリに乗って、道案内・・・?、空案内・・・?をやった時の話です。
立山を、初めて飛ぶパイロットが来た為に、山小屋の位置が解らないと言うことで、道案内ならぬ空案内でした。ワンフライト15分ぐらいと思っていたら、なんと、1時間近く乗っている羽目に。一度着陸するとかなり燃料を、消費するため、次の燃料補給までのフライトでした。
a0119132_17245393.jpg

AS332L1 通称 スパーピュ-マと言うヘリコプターです。地上で約3t吊り、立山では、約2t弱までOKです。

このヘリコプターは、かなりのスピードで飛ぶことが出来、輸送量も多く、時間勝負の山岳地帯の輸送には、結構、多用されています。下のオレンジ色の機体のヘリは、204Bー2です。割合から行っても、このヘリもよく使われます。立山では、約800kg輸送可能です。
a0119132_1732515.jpg

一般の人たちは、なかなかヘリに乗ることは、滅多にないと思いますが、山賊仕事では、シーズン中、頻繁に利用します。もちろん料金は、そこそこお高いですが、短時間で現場に入れて、仕事が出来るメリットもあります。
a0119132_17372731.jpg

空から見た、剱岳です。
a0119132_17395777.jpg

長次郎谷と、熊の岩あたりです。
a0119132_17411790.jpg

空から見た、三の窓雪渓です。

山を歩いていても、なかなかこの高さから、見ることが出来ません。僕としては、貴重な写真です。
a0119132_17484646.jpg

立山をバックに・・・・
 
1時間近く乗って降りたんですが、その日は、天候もよく、とても綺麗に景色が流れていきました。ちょっと怖い場面もありましたが、なかなか良い経験でした。

PS・・・
 3月入ってから、一転して寒い日が続いていますが、肝心の雪は降らず、かといって、山仕事が早く始まるわけでもなく、やっぱり、ストレス溜まる今日この頃です・・・・。
[PR]
# by tateyamasanzoku | 2009-03-03 18:04 | 山賊・・・仕事 | Comments(7)