2011年 03月 30日 ( 1 )

記事・・

礼儀正しい被災者に感銘=東北に派遣の米救援隊員
時事通信 3月30日(水)18時8分配信

 【ロサンゼルス時事】東日本大震災で、米国救援隊の一員として東北地方に派遣された日系4世の消防士アツシ・ウエハラさん(42)が29日、ロサンゼルス市内で救援活動についての報告会に出席、災難のさなかでも礼儀正しい被災者の姿に感銘を受けたと語った。
 ウエハラさんは地震翌日の3月12日、ロサンゼルス郡消防局の同僚73人と共に青森県の米軍三沢基地に到着後、1週間にわたって岩手県大船渡、釜石両市で活動。被害の甚大さを目の当たりにし、両親ゆかりの広島に行った経験から「原爆投下後の広島を連想した」というほど驚いた。
 そんな中で「倒壊したカラオケ店のそばにいた女性オーナーが、『何もありませんが』と言って煎餅を差し出してくれた」ことに最も強い印象を受けたという。
 ウエハラさんは「ベストを尽くし6遺体を見つけたが、生存者は一人も発見できなかった」と肩を落とす。「将来また東北を訪れ、復興した姿を見たい」というのが願いだ。 

引用させてもらったが、日本人が誇れる事ではないだろうか・・・

 黒部在住の友人の一人に、福島県出身がいる。今日久々に電話をいれて、状況を聞いた。
親御さんは、郡山在住なのだが、やはり生活物資が足りないとの事だった。友人の彼は、週末にも一度物資を持って郡山に入るそうだ。
僕といえば、気をつけて行ってこられ・・・って言うのがせ一杯・・・
早く何とかならんかの~~と願うばかりだ。。。
[PR]
by tateyamasanzoku | 2011-03-30 21:46 | Comments(2)