猫岳。

4月1日、猫岳に行って来た。
a0119132_15340573.jpg





7時20分久手牧場から取り付く。
前日の夕方からの雪が10cm程度。かなりスリッピーなので、クトー装着して、最初の急斜面を登りきる。
a0119132_15324783.jpg
目安のシンボルツリー!!
尾根に出てもしばらくそのまま登るが、シールに雪が着き団子状態になったので雪を落としてワックスを直塗り,クトーもはずす。
見違えるような軽さになった。  
今日は、どうりで汗が出ると思ったら、かなり重い板を引きずっていた訳だ・・・笑
9時30分夫婦松到着。
a0119132_15324898.jpg
あたり一面、ガスがかかってホワイトアウト。
トレースも消えていて、ここからの樹林帯のショートカットが心配だったが、同行者のナビで問題なく行けた。
雪は、深雪30cm程度だろうか? 脛ラッセルが続く!
時折日も差す天候になったが、周りの山々はまったく見えない状態。かなり気温も上がっているので、ガスが湧いているのだろう。
a0119132_15340667.jpg
 何時、槍が見えるところだが、ロケーションは良くない。
この先のスカイラインを交差して、大崩山へ向かった。
ここからも、樹林帯から日に照らされた雪の上を行くと、シールに雪が着きまたまた団子状態。
板を外して、ワックスを塗り、大崩山山頂へと向かう。
途中、外のルートから単独スキーヤーが登って滑っていった後があったが、何処から来たのかは不明。
a0119132_15340655.jpg
この先のピークが、大崩山。既に2400m越えなので、結構ぜいぜい言っている。

a0119132_15324936.jpg
ピークから下って、猫のコルへ。
ここいらも、ガスが掛かったりで山が良く見えない。
a0119132_15324930.jpg
12時30分、猫岳山頂到着。
周りの山はまったく見えなかったが、徐々に視界が空いてきた。
a0119132_15340573.jpg
隣の四ツ岳。
近いところは、見えたり隠れたり、遠望はまったく利かなかった。
a0119132_15324791.jpg
a0119132_15340454.jpg
食事を取って、シールオフ。後は、滑るだけ!!
a0119132_15324940.jpg
4月でこれだけのパウダーが楽しめるのは、ホントラッキーだった。
夫婦松から尾根の半分下は、パウダーの下の湿雪にとられることもあったが、滑らない雪ではなかったので、これもまた楽しい!!
尾根下部は、下も締まっていたので、快適に滑ることができた。
14時00分、国道取り付き無事到着。
a0119132_15324772.jpg
今日のメンバー!!
もっちゃん、ありがとうございました!!
またどこか行きましょう~~!!!


[PR]
by tateyamasanzoku | 2017-04-02 15:59 | Comments(0)