猫岳 2581m

 昨日は、いろいろ行き場所に迷ったのだが、天候も良いのと、雪質を考えて標高の高い猫岳に行ってきた。
同行者は、経験豊富なもっちゃん。素晴らしいナビゲートでした。
5時30分に第二ダムPで待ち合わせ出発した。気温も高めだったので、ザラメ期待だったが、平湯で-3℃。
取り付き地点について、すぐに準備を始め7時6分出発。
出発間際に、松本のあるちゅ~さんと挨拶したが、まさかここでお会いするなんて思っても居なかったので、大変失礼をしてしまった。帰りに、ハイク途中のあるちゅう~さんとまたお会いして、今度はちゃんとご挨拶!!久々にお会いしたが、相変わらずお元気そうだった。テレマークの達人で、技術コンテストでは、絶対に勝てない、細板、革靴の達人です。
a0119132_09154559.jpg
あるちゅう~さんの準備風景。
話は、戻って取り付きからすでにカリカリ・・・
a0119132_09154576.jpg
久手牧場の下から右に向かって尾根をつめることにしたが、とにかくトラバースしても、エッジしか掛からずかなり登で難儀してしまった。最初の急登を終え、小休止。
a0119132_09154586.jpg
ここが、今日の核心部だった~笑
もっちゃんは、ここでクトー装着。僕は持っていないので、行ける所までと、雪が緩むのを期待して第三尾根を詰めて行った。


a0119132_09173625.jpg

第三尾根は、意外とシールが噛んで順調に高度を稼げた。
a0119132_09173877.jpg



8時55分夫婦松到着。
猫岳を目指した。
a0119132_09543919.jpg
笠ヶ岳が美しい・・・
a0119132_09543953.jpg
笠ヶ岳をバックに・・もっちゃん!!
a0119132_10022064.jpg
超感動の、山賊

樹林帯をひたすら登り、最後のスカイライン交差を過ぎて、大崩山に向かって樹林帯を詰めた。
スカイラインから、猫のコルに行くコースは、氷結していると難儀なことになるので・・との判断だった。
a0119132_09584448.jpg
大崩山山頂手前。

大崩山山頂手前から右に巻いてコルに到着。そのまま猫岳山頂を目指した。
a0119132_09584445.jpg
猫のコル

もうすぐ山頂。
a0119132_10002365.jpg
a0119132_10002388.jpg

a0119132_10021922.jpg



11時46分山頂到着。もちろん素晴らしいロケーションだ。
a0119132_09154538.jpg

ちょっと離れた岩影で休憩することに。そこには先行者がすでに休んでいた。
彼が、僕の顔をじっと見て、ブログやってますよねから、昔モーグルやってましたよねって聞いてくるので、よくよく話を聞くと、僕らの世代の次の選手層の中の一人だった。Yさんだが、よく見ると僕も見覚えがあったので、昔話に花が咲いた。
どうせなら、一緒に滑ろうということになって、帰りは3人で滑走してきた。
12時10分、トップからドロップ。カリカリバーンで新しい板は、暴れまくり。コルから下は、雪も緩んで滑りやすくなった。
a0119132_10072799.jpg
a0119132_10072682.jpg
とにかく、硬いです!!

途中、第三尾根に入って、ルートロスト、早めに気づいて元に戻り、今日の核心部だった最初の急斜面を、かっ飛びながら、
a0119132_09154574.jpg
a0119132_10095158.jpg


13時9分無事に取り付き地点に到着。

a0119132_09173699.jpg
本日のメンバー!!

帰り支度をして、無料の露天風呂で汗を流し、何時もの酒屋(会員になった?)で、お酒を調達して、何時ものお蕎麦屋さんで、おそばを食べて、予定の行動を全て終えました・・・・笑

同行して頂いた、もっちゃんには感謝感謝です。
またよろしくお願いします。
大変楽しゅう大人の遠足でした・・・!!
by 山賊

[PR]
Commented by あるちゅ~ at 2015-03-23 08:35 x
おはようございます。

バッタリ行きあうなんて思っていなかったですが、
山登りしていると、こんな機会もあり楽しみですね。

自宅隣の酒屋「やんちゃ亭」店名に因んでやんちゃ酒を仕入れているようです~
Commented by tateyamasanzoku at 2015-03-24 07:20
あるちゅ~さん、おはようございます。
まさか、あそこでお会いするなんて思っても見なかったので、大変失礼いたしました。同行者から、松本ナンバーだと聞いたのと、赤い車で、アッと思い出しました。
テレの、大会にも暫く出ていなかったのと、テレマークスキーもあまりやらなくなったので、視野が狭くなっていたのだと思います。本当にご無沙汰してました。
また、あの界隈の山でお会いできればと思っています。
by tateyamasanzoku | 2015-03-22 10:20 | Comments(2)